2012年05月03日

産後マスター

小さな小さな指先で、僕に呼びかける出来たての命2012年4月某日、長女が誕生しました。
おかげさまで母子ともに健康で、今は二人とも退院して自宅に帰ってきています。ナヨナヨな父も、未だに心療内科に月一回ペースで通院している点を除けば、おおむね健康かな。お父さんがんばれ。

産まれる子ども全体の5%程度しか該当しないという「出産予定日通り」で、その上ちょうどその日の満潮を迎えた時刻に誕生した点を鑑みるに、生まれながらにして空気を読む能力に長け、周囲の期待に応えることができる非常に律儀な性格の、神に選ばれし娘っ子なようです。
さらにその容姿は、あまりに赤ちゃん離れした整った顔立ちのため、出産に合わせて購入した最新デジカメで撮ろうと娘にフォーカスを合わせても、「赤ちゃん」ではなく「(普通の)人物」と誤認されてしまうほど規格外。困った困った。





世 界 は そ れ を


親 バ カ 


呼 ぶ ん だ ぜ ! !




そんなバカ親な私ですが、半次郎さんの予言が見事的中して「アニ」にクラスチェンジしたアイリスともども、これからもよろしくお願いいたします。

はじめまして。ぼくはアイリス。君のアニだよ。


「はじめまして、ぼくはアイリス。君のアニだよ。」


posted by いっこう at 01:14| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうございます!!!

雨が続き、鬱々とした気分のこの日に
こんなビッグ・ニュースが聞けるとは!

アイリスたんも妹ちゃんを見守りたくて
しかたがない様子。
なんともほのぼのする画です。
思わずニンマリしています。
Posted by nbm at 2012年05月03日 17:34
■nbmさん
ありがとうございます!
長女誕生の記者会見で「僕ぐらいビッグになってしまうと…」と発言したせいで、カピカピになるまで干されてしまったとされる田原俊彦氏をケーススタディとして、「いえいえ全然ビッグなニュースじゃないですって。てへぺろ☆」を公式見解とさせていただきます(´・ω・`)

アイリスはベッド上のイモウトを遠目からじっと見ていたかと思ったら、つかつか近寄って、ひょいと格子の隙間から覗いたのです。この日はその後も何回か、お話をするようにひょいっと背伸び。

初めてその姿を見たときは、脳から何か汁が出ました。
Posted by いっこう at 2012年05月03日 18:33
母子とも健康であること
おめでたいことでございまする

いっこうさんも、早速イクメンしているんですね
イクメンしながら
自分も育っていくような気がしません?
親ってなるものでなく
親になっていくものだと聞き及びます

アイリス君には
立派なおにいんになってくだされと
お伝えください

大変なこともあるでしょうが
親バカ街道、まっしぐら!ですょ
Posted by プリュム at 2012年05月03日 22:54
おめでとうございます!
きっと、愛情をいっぱい注がれて、可愛いお嬢さんに育つんでしょうね。
そして、いつか余所の男のところに嫁いでしまうのですね…(涙
いっこう家のご多幸をお祈りしております。
Posted by k-ghia at 2012年05月04日 18:09
■プリュムさん
ありがとうございます。
周産期医療レベルの高い日本に生まれてよかった。

>イクメン
不器用なりに、オムツ替えたりしてますよ。ただし沐浴はいまだ許されておりませんが。
確かにいきなり完成形の「親」になるのだと気負ってしまうと、そのパーフェクトな理想像と、ナヨナヨな現実との差に打ちのめされてしまいそうになりますが、「親 Ver0.1」から徐々にバージョンアップしてゆくのだと思えば、何とかなりそうな気もしますね。頑張ります。

アイリスには、確かに伝えておきました。
にゃーと返事はしましたが、ほんとに分かってるんでしょうかコイツ。
Posted by いっこう at 2012年05月06日 18:10
■k-ghiaさん
ありがとうございます!

>いつか余所の男のところに
今更何をって感じですが、生まれたばかりの娘の無垢な顔を眺めてると、生物に運命づけられた「死」が、えらく理不尽な事のようにさえ思えてきます。
娘が結婚してしまう将来を想像して、勝手に切なくなる父親の話は良く聞きますが、そのさらに未来を先回りして、あろうことか神様に疑問を呈しているバカ親のブログが、こちらになります。
Posted by いっこう at 2012年05月06日 18:11
ここで、了解を得たいと思います
いっこうさんのツィートの一文が
プリュムの練っていたブログの記事に
とても、気持ちがしっくりしたので
そのままでなく
一部改正して引用してみてもよろしいですか?
おそらく
現実は立場や内容が違うものであろうとは推察しています
Posted by プリュム at 2012年05月19日 22:59
■プリュムさん
改正&引用、全然問題ないですよ。
事前の了解も、引用もとの明記などもなくて全く構わない、完全フリーでございます!
Posted by いっこう at 2012年05月19日 23:27
ご快諾ありがとうございます

何時ごろとは名言できませんが
記事の全体像が整いましたら
引用させていただきます
Posted by プリュム at 2012年05月20日 19:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。