2012年09月21日

妙なクセがある猫の脳と、重力クワガタの不思議


IMG_4464.JPG

「パパ、ディフェンス甘いよ」



最近読書熱がかるくフィーバーしていたので本を読む時間が増えた。そんななかで印象に残った本をいくつかご紹介。
記事のタイトルで悩んで自殺しないように。マスコミにセカンドレイプされちゃうぞ。

赤ちゃんの不思議 開 一夫
まさに産声を上げたばかりの「赤ちゃん学」が明らかにしつつある、旧来の「何もする能力もなく、ひたすら無垢な存在」というイメージを塗り替える「新しい赤ちゃん像」。インタビューできない赤ちゃんを対象とする「赤ちゃん学」が、どんな研究方法を採用し、それによってどんなデータが取れ、またそれをどのように解釈してゆくのか、という方法論まで含めて丁寧に解説しながら紹介してくれる良書です。単なる研究結果をトリビア的に知りたいという人には、まわりくどく面倒くさいだけの本かも知れません。

カブトムシとクワガタの最新科学 本郷儀人
10年以上に及ぶ野外観察の末に、新たな雑木林に足を踏み入れた瞬間にそこに棲息するカブトムシやクワガタの量が予想できてしまう程度に「カブトムシ取りがカブトムシに」が進行中の著者による、日本のカブトムシ&クワガタの最新研究レポート。一番インパクトがあったのは、カブトムシ♂の♀に対する鬼畜ぶりと、対するクワガタ♂の♀へのジェントルマンな振る舞いの対比。彼らがどう鬼畜でどう紳士なのかは、本書を読んでのお楽しみ。

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る 大栗 博司
冒頭に示される「重力」にまつわる7つの不思議を解決すべく、相対性理論と量子力学を踏まえて超弦理論に辿りつき、やっと「重力」と呼ばれるものの尻尾を掴みかけたと思いきや、最後にブラックホールに乗ったホーキング博士と共に現れた「ホログラフィー原理」により、跡形もなく目の前で消え去ってしまう。まさか科学啓蒙本で、ミステリばりのどんでん返しが見られるとは思わなかった。

脳には妙なクセがある 池谷裕二
脳科学者・池谷裕二氏の最新刊で、最新の脳科学研究の知見の数々を紹介する小ネタ集。この本の骨子となるテーマは、人の脳や「心」を考えるときの「身体性」の重要性。それは例えば、「楽しいから笑う」のではなく、「笑顔を作ると楽しいという感情のスイッチが入る」という脳に備わっている逆因果。それは例えば、身体の痛みを感じる鋭敏な痛覚回路を流用して「心の痛み」を処理しているというように、ヒトの高度な心理作用の多くは物理的な「身体性」を下地にしているという事実。「心」は脳に局在するのではなく、身体や周囲の環境に散在するものだという著者のメッセージに、改めて共感する。


昭和30年に中央公論社より発行された同名本のアレンジ版。井伏鱒二、大佛次郎、谷崎潤一郎、寺田寅彦、柳田国男といった錚々たる面々による、猫にまつわるエッセイをまとめたもの。なんてことのないエピソードが綴られているだけのような気もするのだが、これを電車や会社の昼休みに読んでいると、一刻でも早く家に帰ってアイリスを抱きしめたくなって仕方がなくなる。なんだか一気に読めなくて、一編一編大事に読みすすめているぜぇ〜。センシティヴだろ〜。


posted by いっこう at 17:16| Comment(7) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

反射と意志のせめぎあい

「こうやって寝ると気持ちいいよ」「ぼくには骨格的に無理かにゃ…」そんなこんなで、先日無事39回目の誕生日を迎えたお父さんです。サンキューでーす!

しかし大人になると、なんとなく惰性で過ごすような日が多くなってしまうものだ。環境からの入力情報に反射してるだけで終わってしまうような一日。
驚くべきスピードで一日一日着実に成長してゆく娘の、笑顔よだれが盛大にこぼれまくったドヤ顔を見ていると、自分のそんな無為に過ごした一日が、ひどくもったいないものに思えてくる。

この一年がどんなものになるのかは知りようもないが、できる限り一日一日を自覚的に噛みしめていけるようにしたい。

しかしながら、一日の全ての行動を自覚的に噛みしめていても大変だ。


続きを読む
posted by いっこう at 17:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。