2008年12月23日

便りがないのは良い知らせ?

えびぞり「便りがないのは良い知らせ」

なんて言葉がある。
当人の現状がうまく転がって充実しており、とくに友人知人に報告するような不安材料もないからわざわざ「無事であること」を発信しないだけで、かえって唐突に連絡があるときこそ、それは悪い知らせだったりするものだ・・というような意味の言葉なのだろう。

まぁそういうケースがあることは確かだ。
しかしこの命題の真偽は、当然状況によって異なってくる。

たとえば、ある程度定期的なペースで発信していた人からの便りが唐突に途絶え、しかもそれがあり得ないくらいの長期に渡るとなれば、便りを受け取る側としては、どうしたって不安になるだろう(こちらなどは特に心配です・・・)。

まぁなんだ・・そんなわけで・・・・・。



心配してくださった方がいたなら、ごめんなさい!


続きを読む


posted by いっこう at 00:20| Comment(23) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。