2007年04月22日

キジとクロ


キジクロ


クロ:ねぇ師匠ー。師匠ってばー!!

キジ:・・・なんだオマエ、もうついてくんなよ。

クロ:そんなこと言わないでよ、師匠〜・・・

キジ:鬱陶しいからもう寄ってくんなって。

クロ:またそんな冷たいクール猫を装うとしたって僕には無駄だよ!

キジ:ク、クールぶってなんかねーよ。

クロ:僕はあの時から師匠に一生ついてくって決めたんだから!

キジ:・・・ったくまたその話か。

クロ:僕が凶暴なノラに虐められてたところを、師匠は救ってくれた!!

キジ:だからオマエを救おうとしたんじゃなくて、単に俺があのノラを嫌いだっただけだって言ってるだろ?

クロ:またまたぁ・・・(笑)

キジ:いいからもうあっちいけよ。

欠けた左耳クロ:そのときノラに噛み切られた僕の左耳は、今じゃ僕の勲章なんだ!

キジ:なに言ってんだか・・・

クロ:僕は大人になったら、カッコよくノラを撃退した師匠のようになりたいんだ!

キジ:どうせ目標にするなら、半次郎さんにしろよ。

クロ:やだ! 僕は師匠がいいんだ!!!

キジ:・・・・・

クロ:ねぇ師匠〜。

キジ:・・・もう勝手にしろ、眠いから俺はもう寝るぞ。

クロ:えー、僕にあのときみたいな戦い方を教えてよぅ。

キジ:うるさい。寝るったら寝るの。

クロ:ちぇー。じゃ僕も師匠と寝よう。

キジ:ホモかオマエは。

クロ:違わい!

キジ:勝手にしろ・・・・あーねみぃ。

クロ:勝手にするもーん♪



寄り添う二匹



posted by いっこう at 16:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

君ならドースル?


ブレててすいません君は「みすず学苑」という予備校をご存知か。

関東圏にお住まいの方ならば、この写真のような宣伝ポスターを、駅構内や電車の中吊り広告等で目にしたことがあるのではなかろうか。

悪ノリの王道をトップスピードで突っ走っているこの宣伝ポスターを前に、もしかしたら君の頭の中には「くだらない」の5文字がけたたましく明滅するとともに、ちょっと溜息をついてしまうかもしれない。こんなポスターなど見なかったことにして、今週中に終わらせなければならない仕事のことを考えることにして、予定調和な日常へと戻ろうとするのかもしれない。「こんなポスター、悪ノリが過ぎる!」と怒り出す人もいるのかもしれない。

だが、ちょっと待ってほしい朝日新聞社説風に)。

確かに、このように人を笑わせようとして盛大な空振りをかましているポスターをスルーするのは実に正しく合理的な選択だが、しかし私はここで君に、敢えてこのポスターと向き合うことをおススメしたい。

このポスターに何かツッコんでみよう。その言葉を考えてみよう。

「人の数だけツッコミがある」とは、たった今私が考えた末代まで伝え残すべき世界遺産的名言だが、こういった「ボケ」と思われる状況を前にした際、その人の頭に浮かぶツッコミには、その個人の内面が少なからず影響を与えていると私は思う。


・・さて、君ならこのポスターにどうツッコむ?


イジり易過ぎる中央の「縄文太郎」に触れるのはデンジャラスだ。共倒れの危険が大きすぎるアレはアンタッチャブルの方向でいくべきであろう。


どうみても同一人物ポスター全体のコンセプト自体にツッコむのか、孔子と荘子が同じ人物で露骨に手を抜かれている点などの詳細に着目するのか、そのツッコミは無数に考えられよう。

そんななか、私の選んだツッコミはこれだ。





「 東洋か!(タカアンドトシ風に)」

「 誰も英語話せねえし! 」

posted by いっこう at 21:17| Comment(14) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

シックスセンス〜松屋編〜

ある日の午後7時半。
仕事帰りの私は、庶民の味方・牛めしチェーン店「松屋」に入った。

中には数名の客と、たった一人の松屋店員の姿があった。
この時間では珍しく、アルバイト一人で接客から厨房まで全てを任されているようだった。同じシフトのアルバイトの同僚に、和泉元彌も真っ青なドタキャンぶりを発揮されたのだろうか。

ともかく、職場近くのカレー店探索が就職後の一番の急務だったとの噂が立つほどにカレー星人な私は、この日もやはり松屋のカレー(350円)の食券を、その不幸な店員さんにスマートに渡す。

すると彼は、彼以外には誰もいない厨房に向かってこう叫んだ。


「カレー一丁!」


私には見えない人が、彼には見えるらしい。

店長の生霊なの? そうなの?


スピリチュアルな彼に幸あれ。
posted by いっこう at 20:10| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

2007年3月の月例報告

逆スペ読書の諸君! 私がいっこうである。


諸君! この街は最悪だっ!!

住みよい街づくりだとか、なんとか改革だとか、私はそんなことへの興味が完全に失せた!

この死ぬほど簡単な間違い探しをやってみるがいい!



リアルプロXの雄姿 祭りのあと。ぐすん。



この右と左の写真の違いは何か!!


そう・・・私が輝かしいニート時代に通いつめた、電気量販店のマッサージチェア体験コーナーが完全撤去されていたのである!

これは日頃肩凝りや背中痛に悩まされている我々少数派への挑戦に他ならない!!



ムキーーーーーーーーーー!!!!!!





諸君! 私は諸君を軽蔑している!

この物悲しい事件を、一連のトラジェディーをもたらしめたのは、

そりゃマッサージチェアを買う気はさらさらない貧乏人に体験されまくりなだけで、結局ほとんど売れないんじゃ当然だろ・・・常識的に考えて・・・・

などという、諸君らが作り上げた空気に他ならないからだ!


正確に言えば、諸君の中の多数派は、私の敵だ!!!


こんな「常識」を振りかざす多数派の横暴が黙認されているこの街は、小手先の政策で状況が改善されるような甘っちょろい段階にはない!

こんな街はもう見捨てるしかないんだ! こんな街はもう滅ぼせ!!

いまはただ、パトラッシュ&パトラッシュ! この街をパトラッシュで一杯にすることだ!!


私は、この街の、少数派に対する迫害にもう我慢ならない!



・・・ぶっちゃけていえば、




もはや政府転覆しかにゃあい!!!!





・・・などと、YouTubeで観た東京都知事候補・外山恒一氏の面白アジテーション政見放送(音声付動画なので再生して問題ない場所で観ましょうね。ちなみに、笑ったら負けです 笑)にインスパイアされたこんな導入から、今月の月例報告は始まる。



※YouTube動画が削除されていたときのために参考サイトのURLを貼っておきます。
http://www.kajisoku.com/archives/eid1271.html


続きを読む
posted by いっこう at 23:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。