2006年08月31日

変な人

さぁ〜、みんなで考えよう!」で書いたような「人間の質」の「正規分布」を思い浮かべてみるまでもなく、少し考えてみれば、これだけ多くの人間がいれば不可避的に「変な人」(いわゆる「常識的なもの」から外れちゃう人)が、ある程度の割合で混じってしまうことは理解できるだろう。

そしてそんな「変な人」が起こす奇異な事件がマスコミによって報道される。


続きを読む


posted by いっこう at 23:46| Comment(16) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

半次郎のズンドコ写真展


お久しぶりです!どうも皆さん。
ブログバトン」以来のお久しぶりです。アメリカンショートヘアーの半次郎です。

実はこの記事は、愚兄いっこうのブログ「逆スペ」200投稿目に当たるそうなんです。そこで今回いっこうは、日頃このブログを見に来てくださる方への感謝の気持ちとして、200投稿目は僕の第二回写真展という形にしたいので、写真の掲載について僕の了承を取るべく連絡してきたというわけなのです。

そういえば前回の写真展は、僕にまったく連絡なしで公開されちゃったので、ちょっといっこうの腕を引っかいて懲らしめてやりましたよ!

僕自身、自分の写真を公開されること自体は、皆さんに僕のこと良く知ってもらうという意味でとても嬉しいのですが、僕に無断で開催されたのが気に入らなかったんです。まったくもう!

でも今回はきちんと開催前に僕に打診してくれたので、僕自身の肉球でこの導入部分での皆さんへの挨拶と、各写真のキャプションを書かせてもらうことを条件に、「写真を公開してもいいよ」といっこうに答えた結果、今僕はこの文章をタイプしているのです。えい。


・・・ただ一つ不安なのは、僕の写真なんかで皆さんが喜んでくれるのかということなんだけど、いっこうはそれでいいというので、そんないっこうを信じてみようと思いました。

それでは、僕の第二回目となる写真展をお楽しみ下さい。ちょっと恥ずかしいな。


続きを読む
posted by いっこう at 00:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

さぁ〜、みんなで考えよう!

偏差値」という用語がある。

この「偏差値」は特に教育の場において、「偏差値がすべてではない」「偏差値偏重教育は子どもによくない」などと、決まって批判的に使用される宿命を背負った「不幸な理系用語」の筆頭と言ってよかろう(笑)

こうした「偏差値」を忌み嫌う風潮が顕在化してきたのは、ちょうど私が中学生の頃だったように思う。

当時の中学校では高校受験の時期になると、学校が業者に委託した「全国偏差値テスト」を当然のように行っており、学生は皆そのテスト結果=偏差値と、受験ガイドに記載されている各高校の「合格予想偏差値」とを比較して、受験校の選択の基準の一つにしていたものだ。

しかし私が中学校を卒業したあたりから、父兄からの

「偏差値の低い子が自分の偏差値を突きつけられるのは可哀想」
「人格まで否定されるようだ」

といった感情的な論調から、

「偏差値だけで学校を選ぶのは果たしてどうなのか」

といった比較的冷静な形までを含みながら、「嫌・偏差値」の風潮が広がってゆき、結果として公立中学校内で「偏差値テスト」を行うことが公的に禁止にされたと記憶している。

当時は子どもながら、

『何でこんな受験に便利で有用な指標「偏差値」を、そこまで排撃するんだろう』

と不思議で仕方なかったものだ。
今でも公立中学内では、「偏差値」を算出するテストは許されていないのだろうか?


そして現在では教育の場を離れた場でも、

「偏差値が高いからといって偉いわけじゃない」

といった高学歴でステイタスの高い職に就く人の「人間性」や「道徳性」を批判する便利な武器――さらには極めて「不当」な「価値転換」に基づいて、「能力」まで無いことにされる――として使用されるのは日常茶飯事である。

しかし、その「偏差値」を忌み嫌うほとんどの人間は、

・偏差値の定義や数学的な意味
・偏差値の算出方法

などを知らぬまま、ただただ「人間を数字で表すなんておかしい」といった感情的な反感だけに基づいて嫌悪感を抱いているのであろう。

「人間を数字で表すなんておかしい」などと口にしがちな人は、得てして「相手の事を知りもしないで批判するのはおかしい」なんてことも言いがちなものなのだが、そういう人にとっては「偏差値」君は「例外」で、特によく知らなくても批判して良いことになっているらしい。まぁ便利!←


そこで今日はそんな不当な差別(笑)を受けがちな「偏差値」と、それを理解するために必須となる「正規分布」という数学的概念を簡単に説明しつつ、それを使った一つの「お話」を記事にしてみよう。

一応数学が苦手な人にも分かるように書いてみるので、そうした方も、できれば臆せず読んでみて欲しい。



続きを読む
posted by いっこう at 17:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

やっぱり逆転スペクトルだね!

あなたは DHC という化粧品会社のテレビCMを観たことがあるだろうか?

単にDHCのCMといってもたくさんあるようだが、その中でも私がここで言っているのは、

anan『2005年お気に入りコスメ部門』第一位!」

SEVENTEEN『愛用している化粧品ランキング』第一位!」
       ・
       ・
       ・
「やっぱりDHCだねっ!」


というように、様々な女性誌における「お気に入り化粧品に対する読者投票企画」でDHC商品が獲得した「第一位!」を次々と発表し続けるあのCMだ。奇遇にも共にお笑い芸人との熱愛が報じられた、藤崎奈々子山川恵里佳が出演していたと記憶している。
最近テレビをめっきり観なくなったので良く分からないが、今でもDHCの化粧品は「第一位!」を獲得し続け、あのパターンのCMは放送されているのだろうか。

というわけで今回は、ここ数週間で当ブログが獲得した「第一位!」を発表してみたいと思う。

唐突ね。


続きを読む
posted by いっこう at 15:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

オヤジキラーの勤怠報告

先日高らかに脱・ニート宣言をした私であるが、ツキアイゲノムで言うところの【 インスペクター 】属性の傾向が強い方には、

「単にいっこうがの供述をしてるだけではないのか?」

「何の証拠もないやん」

「ついに妄想・願望と現実の境界が曖昧に・・可哀想・・・

「いっこうはブサイク!」

などと、懐かしいロス疑惑三浦和義に対する以上の疑惑の目を注がれているのかも知れぬ。つーか最後の指摘関係ないやろ。事実だけど。

とにかくそこで今日は、そんな懐疑主義者の方への反論(笑)と、私を応援してくれた方々のためのご報告を兼ねて、最近の私のある一日の勤怠報告記事をアップしてみようと思う。

あ、「ツキアイゲノムバトン」受け取ってくれる人募集中なのでそちらもよろしく。


続きを読む
posted by いっこう at 18:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

相伝文集

昨日はお盆の最終日。

例年のごとく、昨日も私は実家に帰ると、火をつけた手提げの提灯を持ったまま車の助手席に乗って送り火をしてきた。
祖母を亡くして新盆を迎えた伯父夫妻も今年は一緒である。私の弟とばあちゃんは、同じお寺の墓地に眠っているのだ。

そんな送り火車中の私の脳内では、今年はやっぱりナスライダーが一人増えていた。

豪快で頼もしかったあのばあちゃんがついていれば、たとえ途中で車の提灯の火を見失っても、弟を寺へと無事に導いてくれるはずだと、今年も私は自分勝手な結論を出しては、勝手に安心している。


続きを読む
posted by いっこう at 18:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

とある営業のプレゼンテーション


「正確」だわな人間の「健康」の指標として代表的な「血圧」・・・。

今ではどこの電気量販店でも専門コーナーが設置されるほど、我々をはじめ様々な他メーカさんからも、簡単に血圧を測定できる機器が発売されています。

現代人の生活習慣病への関心は高まる一方であり、最近ではメタボリック症候群という用語も浸透しつつあります。そのような情勢の中で、生活習慣病防止のために「血圧」に対する人の意識は今後もさらに上がっていくものと思われます。

さて、そんなムーブメントの中で生まれたのが、弊社ニッセイによるこの新作血圧計です。

この血圧計であれば「血圧」は当然のこと、なんと、それをお使いいただいた方の「性格」までも簡単に測定することが可能なのです!

生活習慣病を患う方というのは、失礼ながらやはりどこか性格に問題があるもので、暴飲暴食をはじめとした糖尿病や高血圧などの発症を促してしまうような行動をとってしまいがちです。

しかし弊社のこの新作血圧計を用いれば、ご自身のその日の性格を簡単に把握することができるだけでなく、毎日の測定結果を機器内に記憶・蓄積してゆくことができ、長期間でのご自身の性格変化を追うことさえ可能なのです。

我々はお客様に是非、この弊社新作血圧計をお買いいただくことで、ご自身の性格への理解を深め、最悪の場合は死に至る、とても恐ろしい生活習慣病の予防に役立てて欲しいと切に願うわけです!

もしお客様が本当の健康を手に入れたいのであれば、是非とも、もはや「血圧計」と名づけるのが惜しいほどの最新科学技術の粋を投入した、弊社渾身の新作血圧計をお選び下さい!!
posted by いっこう at 00:38| Comment(10) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

Now is the time!

さてさて、非常に唐突で申し訳ないのだが、この「逆スペ」を良く見て下さる皆さんに、ちょっとした「間違い探し」にチャレンジして頂きたい。

実は今のこのブログには、前とはほんの少しだが変わっている箇所が二点ある。それを皆さんに見つけてもらいたいのだ。








・・・間違いは見つかったかな?











正解は以下の二箇所。

・ブログのサブタイトル
・プロフィールプラグイン内の文章





・・・そうなのだ。

今日2006年8月10日をもって、いっこうはニートではなくなりました。

これを読んでる政治家の方がいるのなら、ぜひとも8月10日を「いっこう記念日」として祝日とする法案を国会に提出してほしい←

脱・ニートといってもいきなり正社員というわけではなく、ニート期間のブランクを考慮して、まずは週二日勤務くらいのアルバイトからということで、いわゆる「フリーター」にクラスチェンジしただけなのだが。

35℃の池袋でアルバイト面接会場への道に迷った末、走りに走って面接時間ぎりぎりに到着し、汗ダックダクのまま面接を受け、

「こんな汗かき星人と仕事するのは嫌!」

と面接担当者に不快に思われたためなのかどうか、見事不採用の連絡を受けたりといった数々の悲哀のドラマを経て、今日に至るわけである。


「いっこうからニートを取ったら何が残る!!」

などと憤慨される方も居るかもしれないが、とにかく私は二年以上の沈黙を破ってニートを卒業したので、どうぞご勘弁を。

このブログを通じて交流させてもらった皆さんに、脱ニートへの活力を頂いたのは確かなので、そんな皆さんにお礼を申し上げたい。

ありがとうございました。



そしてそれに伴い、もう一つお知らせがある。


続きを読む
posted by いっこう at 13:58| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

ツキアイゲノムバトン

ブログ界に「バトン」というムーブメントが発生したのはいつなのだろうか。

あるテーマに沿った複数の設問に答えることで記事を書き、その記事中で他のブロガーを複数指名して、同じバトンテーマ記事を書くことを弱く促すというこのシステムは、単なる流行では終わらずに様々な亜種を生み出しつつ、今ではブログ界の常識といえるまでに定着している感がある。

この辺境ブログにも2005年6月23日の「音楽バトン」を皮切りに沢山バトンが回ってきたし、他のブログ様に落ちていたバトンを勝手に拾ったりしたりで、私はこれまでに合計9つのバトン記事を書いてきた。

そんなバトンを受けてばかりの私だったが、ふと、

「バトンを自作して回してみたい」

という欲求が沸いてきた。
パソコンのウィルスを作ろうと思い立つ人も、こんな心境なんだろうか。


そんなこんなで今回私は一つのバトンを創始する。

そのバトンの名前は「ツキアイゲノムバトン」だ。

「ツキアイゲノム」を知らないという人は、下のリンク先のページにある説明書きを参照してみて欲しい。

キャラミル研究所―ツキアイゲノムの仕組み


そこを読んでもらえば書いてあることだが、一応ここでも「ツキアイゲノム」を簡単に説明しておくと、「占い」や「性格診断テスト」とは趣旨が異なり、あなたの「コミュニケーションにおけるクセ」をみるものなのだそうだ。

登録・診断は無料なので、興味が向いた方は、バトンを受け取る受け取らない関係なく、暇なときにお気軽に診断してみてはいかがだろうか。「マイページ」をつくることで、結果を公表することも無料で可能である。


そして今回私が創始した「ツキアイゲノムバトン」は、この「ツキアイゲノム」の自身の診断結果を記事で公表し、それに対する感想を記事にするとともに、知り合いの「ツキアイゲノム」を予想してバトンを渡すというものだ。

是非ブログを持っていてこの記事を読んだ方は、ネタが無い時に暇つぶし的にやってみて欲しい。

キャラミル研究所は結構有名なので、「もう前に診断しちゃったよ」という方もあろうが、そこは無かったことにして、是非受け取ってくれるとありがたい(笑)
結果だけ教えてくれる形でもいいから!←


以下質問テンプレと共に、私の「ツキアイゲノム」について書いてみた。

しかしあなたが記事にするときは、必ずしもこの形式にこだわる必要はない。
勝手に質問を付け加えたり削除したり、結果に対する総評だけを書くだけでも構わないし、結果をただ公表するだけでも全く構わないので、自分のやりやすいようにやって欲しいと思う。

バトンを受け取らないまでも、コメント欄で自身の結果を教えてくれるだけでも良し。


果たして、このバトンは広まってくれるのだろうか。


続きを読む
posted by いっこう at 19:07| Comment(6) | TrackBack(3) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

夏のど真ん中

暑かったー


いやぁ〜寒い。

なぁ、この数日夏だってのに寒すぎやしねーか?!



・・・あ? 何? 今の気温は35度超えてるって?



全然寒いじゃねーか!!!







・・・何で?
そんな無粋なこと聞くんじゃねぇよ。










目の前のお前らの熱気の方が、こんなチンケな太陽の日差しより何倍も暑いからに決まってんだろ?







観客>いっこうカッコイイー!








・・・なんていう、

「もしもいっこうがROCK IN JAPAN FES.2006に呼ばれる程ビッグなアーティストだったら」

という、往年のドリフ大爆笑の「もしものコーナー」でも、長介が台本段階で「だめだこりゃ」と採用してくれそうもない虚しい設定上での妄想MCが頭を過ぎるほどに興奮した昨日であった。

というわけで、今日はそんな相変わらずアフォな私が満喫した昨日の夏フェス

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006

の最終日(2006/8/6)のレポート・・・というほどではない感想文をアップしよう。


続きを読む
posted by いっこう at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

DJいっこうからのお知らせ!

いーかみんな、俺の魂のメッセージを耳かっぽじってよく聞けよ!
「かっぽじる」って方言か?まぁいいや、とにかく聞いてくれ。


こんなDJは厭!」というレディオ放送以降も異人さんに大絶賛の嵐だったこのブログだけど、あまりにも捻りのない同じ文言のメッセージばかりなので、さすがの俺も返答のバリエーションが尽きちまったぜ!←

そんなわけで、このブログの「コメント禁止ワード」に

・Nice site!
・Well done!
・Great work!
・Good design!
・Thank you!

を追加させてもらうと共に、「こんなDJは厭!」放送以降に寄せられた異人さんの淡白メッセージは全て消させてもらったぜ!イェー♪

だから今後俺のレディオにお便りをくれる異人さんやスパム業者さんは、上記の禁止ワードを使わないおもしろメッセージを寄こしてくれよな!

日本人のリスナーの方も、コメントにうっかり上記文字列を含めると、コメントが反映されなくなっちゃうから、そこは充分気をつけてくれよ!

それじゃ、今後もこの壊れかけのレディオ「逆転スペクトル」をヨロシクベイベー!


See you!
posted by いっこう at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

2006年7月の月例報告

エアコンついてないんだろうか


せ 毛 し・・・?!

なんだそれは。
これまで数十年生きてきた中でそんな言葉は一度も見たことも聞いたこともないぞ・・・あ・・・もしや二文字目は私が乱視だからぼやけて「毛」に見えてるだけで本当は「も」なのか?

仮にそうだとしても「せもし」とは何だ。
セワシ」ならのび太の孫の孫の名前だが「せもし」とは・・。

Googleさんに聞いてみると「せもし」というHNで活動している人が何人かいるらしいことは分かるが、彼らのうちの誰かがあのビルの窓に自分のHNを貼ったのだろうか。だが、なんのために・・・・?


そんなダヴィンチ・コード以上の謎(原作・映画もみてないけど←)と遊んでいるうちに8月に入りましたが、梅雨も明け、これから暑い日がつづくと思うと、それだけで気が滅入ってしまう方も多いことでしょうね。

そんなときは、その日のこのビルの窓文字がどうなってるのかを考えてニヤリとしてみてはいかがでしょう。

特に窓の開け方に規則性はなく、毎日のように見える文字が違うので、実際毎日でも見れる場所に住んでる私は結構楽しいですよ←

そんな、とても暑苦しそうな美容室に同情の念を禁じえない私が、恒例の月例報告を執り行います。


節電なんだろうか←


続きを読む
posted by いっこう at 21:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。