2006年03月08日

見た人はミンナやるバトン


「センセー、バナナはおやつに入るんですかー?」

という「遠足を控えた学級会における定型質問の横綱」は、21世紀のこの今も変わらずに繰り返されているのだろうか。

貴重品だったはずのバナナ一本の値段が数十円にまで下がった現代にあっては、当時の我々にはまだある程度の重さを保っていたこの命題の深刻さは、既に色褪せたに違いない。

そんな今ではせいぜい、「学級会」特有の劇場的・予定調和的な圧力に耐え難い違和感を覚えていた当時の私のような現代の勇者により、その薄気味悪い雰囲気にほんの少しだけ揺さぶりを与える「ネタ」として、控えめに使用されるにとどまるのであろう。

あるいは格差社会の到来が叫ばれる2006年であるからして、「バナナ」を「キャビア」などに置き換えたセレブギャグを飛ばす厭なガキなどが発生しているのかも知れない。まさか。

それはそれとして、最近の私の頭を渦巻いていた質問はこれだ。

「センセー、『続きを読む』までは見たに入るんですかー?」
RSSリーダに表示された場合については、見たに入るんですかー?」
「携帯閲覧で一気に全文が表示されちゃったのは、見たに入るんですかー?」
「本文を途中まで読んだだけなのは、見たに入るんですかー?」


ブログを巡回する習慣がある勘のいい方なら、既にある言葉が頭に浮かんでいる事だろう。

そう、「見た人はミンナやるバトン」である。


この新種のブログバトンは、

「その記事を見た人は全員、バトンを受け取り記事を書かなくてはならない」

というバトン受け渡し条件を持つブログ界のブービートラップと噂されるバトンのことで、最近私は巡回先のブログでこのバトントラップを踏んでは、脳内で前掲の質問にすべてに、

「見たに入らないもん!」

と可愛く答えて済ませるという卑劣な手口で、実に3回に渡って(こちらこちらこちら)回避してきたというわけだ。

・・・わけなのだが、そこはやはり天性のナヨナヨ気質。

日が経つにつれて、どうしても「盗み見てしまった」という罪悪感めいたものが私の心の中で高まってきてしまい、私の飼っている脳内刑事の

「さっさと吐いて楽になっちまえよ!」

という言葉の後押しによって、ついにそれが閾値を超えた今日、私はこの記事を書いている。


さてそこで、これを読んでいる皆さんの中で、自分のブログを持っており、かつ、このバトンをまだ消化していないという方よ、案ずるなかれ。

いっこうセンセーが決めたこの記事における「見た」の定義は、

「記事の最後の一文字まで読んだ」

であるからして、どうか安心して先を読んでほしい。

もちろん「バトン受領せずコメント」も可能であるよ(笑)←



続きを読む


posted by いっこう at 02:35| Comment(18) | TrackBack(3) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

2006年2月の月例報告

先の2月5日、こんなWeb拍手メッセージを頂きました。

それだけの頭を持て余すのは、少々勿体無い気がするけどね。

持て余すどころかこのブログの運営で一杯一杯な感じもする私の頭には、こんなお言葉こそ勿体無い気がしてしまいますが、ひとまず、ありがとうございます。

ここで唐突に「人生」を「テスト」に例えてみます。

さすれば私の今のニトり具合などは、多くの人にとって「赤点」以外の何物にも映らないことでしょう。社会的に留年しているようなものです。

私は自分では「それだけの頭」を持っているとは思っていませんが、持っていると思っていただいている人にしてみれば、そんなに有用らしい頭を無為に空回りさせ、やっている事といえばブログ記事を書くことだけに見える今の状態は、テストで100点を取れる秀才が、問題を解こうともせずに答案の裏に一心不乱にガチャピンの似顔絵を描いてるようなもので、冒頭のWeb拍手メッセージを送って頂いた方のように「勿体無い」と思われるのかも知れません。

そんな「人生というテスト」においては全く得点に繋がらないかにみえる私の「今」ですが、しかしながら、この「今」と、その「今」とリンクしているこのブログは、拙い私にとってみれば色々な意味があるのです。


そう。

かのトリノオリンピックのフィギュアスケート金メダリストが、点数に反映されないにも関わらず演じ続けたイナバウアーのように。




・・・・・。




「いやいやいやいや、オマエの今は美しくないし」
「自身の美学を貫きつつ、結果をも手に入れたからこそ素晴らしいんだろ」
「イナバウアーは観客を魅了したが、逆スペは読者をむしろ呆れさせている」
「つーか荒川さんに謝れや」
「スケートリンクに穴開けて裸で放り込んだろかコラ」
「逆に鉄板の上で土下座だろ」
「それよりミキティのあの化粧はナシ!」
「いっこうはブサイク!」


・・嗚呼!

上手い事言ったつもりが、こんなツッコミが一斉に大音量で聞こえてくるのは何故!?


そんな、毎夜脳内にこだましているこの手のツッコミを振り切るため、「脳みそ4回転サルコウ」の秘技など(「脳みそコークスクリュー720」って技もあるよ!)で立ち向かっているうちに、気がつけば合計視聴時間が10分にも満たないままトリノオリンピックが終わっていたという非国民がお贈りする月例報告に、今月も良ければお付き合いくだされ。



続きを読む
posted by いっこう at 01:03| Comment(10) | TrackBack(1) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。