2015年09月08日

プチケーキとゴルフボール

メイプルプチケーキ.jpgCOOPみらいのネット宅配「eフレンズ」で買った、冷凍のメイプルプチケーキを20個ほど解凍し、日曜日の遅い朝ごはん代わりに一家三人それぞれ手で直接つまみながら食べていた。フニフニと柔らかい生地の中にメイプルシロップが入っていて、それなりに美味しい。食いつきを見る限り、娘もそれなりに好きなようだ。

その残りが5個となった時、不意に娘が大きな声を出した。

「アイちゃんだ〜!」

何のことだと思って横の娘を見ると、笑いながら皿の上の5個のプチケーキを指さしている。
そして改めて娘の視線の先にある皿の上に残った5個のプチケーキを眺めていたら、唐突に、おそらく娘が見ているのと同じビジョンが私にも見えてきた。

アイリスの肉球だ!

確かに5個残ったプチケーキの配置をみると、猫の手の裏の肉球のように見えなくもない。その発想はなかったと感心した直後、今度は何だか泣けてきた。

多分だけど、例えばゴルフボールがこの形に5個転がっていたとしても、娘はアイリスを連想しなかったのではないだろうか。プチケーキのフニフニとした感触と、アイリスのピンクの肉球のそれとの共通点が、彼女の脳を刺激したのではないだろうか。

アイリスは居なくなったが、まだ娘の中に確実に痕跡を残している。
それも、もはや触ることができない写真や映像としてではなく、五感の残滓と共に思い出せる存在として。

残念ながら、自分が三歳の時の記憶はほとんどない。
だからおそらく娘も時が経つにつれて、アイリスと触れ合った記憶は薄れていってしまうのだろう。
しかしながら、2015年9月のこの瞬間は、確かにアイリスは娘の魂のすぐ近くに居た。

その事実をこうして残しておくことに、何か大きな意味がある気がするような、しないような。



posted by いっこう at 18:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

四十九日

今日はアイリスの四十九日。

根っからの臆病者のあいつは今ごろ、自身の極楽浄土行きの裁定を下そうとする閻魔大王の姿に怯えて、震えてるんじゃないだろうか。

先月アイリスが亡くなってから、何度かその思い出を記事にしようとしてみたが、どうしてもできなかった。これからも無理なんじゃないだろうか。

というわけで、こんな形の中途半端な記事をアップする、相変わらずナヨナヨな私です。

image-bdeef.jpg
posted by いっこう at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

お知らせ。

最後のエントリから1年以上経っております。みなさんお元気でしょうか。
最近の私はといえば、仕事と育児でアップアップしながら、なんとか頑張って生き延びております。
…君は、生き延びることができるか。永井一郎亡くなっちゃいましたね。

さてさて、実はこの度思う所あって、このラヴログ(Seesaa)における「逆転スペクトル」をひと区切り付け、新たに「はてなブログ」で再スタートさせて頂くことにしました。

逆転スペクトル はてな版
http://ikkou7.hatenablog.com/

とりあえずブログのタイトルはこれまでどおり「逆転スペクトル」ですが、突然変えるかも知れません。
再スタートといっても、時間もネタもないため、これまでどおり放置状態が続くかも知れません。

もちろんここはこのまま残しておきますし、突然こちらに記事がアップされることがあるかも知れません。

なんか「かも知れません」で韻を踏んでますけども、これからもどうぞよろしくお願いします。

ああ、アイリスの近況については instagramに時々投稿しているので、気が向いた時にご覧になってやってくだされ。彼もゴロゴロと喜ぶかも知れません。

instagram - @ikkou7

それでは。
posted by いっこう at 16:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

半次郎よりあなたへ。

hanjirou_up.jpgこの文章が「逆転スペクトル」にアップロードされているということは、もう僕はこの世に居ないということににゃる。

とまあ、実にありきたりな遺書の書き出しですが、いざ自分が書くとなると、どこか新鮮で不思議な気持ちになるものですね。

みなさん、こんにちは。
いっこうの弟であるところの、アメリカンショートヘアーの半次郎です。

そうです。僕は死んだのです。

さきほど信頼できる代理人に、僕の死が確認されたら可及的速やかにこの記事をアップするよう依頼し終えたところです。もちろん、いっこうには内緒!
果たして僕の命がエイプリルフールまで持つのか微妙だけど、もしこれがアップされたのが4/1であったとしても、冗談や嘘ではありませんのでご了承ください。


続きを読む
posted by いっこう at 21:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

私が綾鷹を選ばない理由

オルゴールが付いてます
私の実家のある埼玉県鴻巣市は、芸能界最後の良心・照英の出身地であるとともに、歴史的に人形の生産地として有名で、現在も市内の旧中山道沿いには、何軒もの人形屋が偏在して営業している。
先日、おそらくその人形屋の中でも一番有名で、かつて人気TV番組「開運なんでも鑑定団」の出張鑑定団・鴻巣大会の収録会場にもなった広田屋さんにて、娘の初節句のためのひな人形を購入してきた。


続きを読む
posted by いっこう at 23:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

妙なクセがある猫の脳と、重力クワガタの不思議


IMG_4464.JPG

「パパ、ディフェンス甘いよ」



最近読書熱がかるくフィーバーしていたので本を読む時間が増えた。そんななかで印象に残った本をいくつかご紹介。
記事のタイトルで悩んで自殺しないように。マスコミにセカンドレイプされちゃうぞ。

赤ちゃんの不思議 開 一夫
まさに産声を上げたばかりの「赤ちゃん学」が明らかにしつつある、旧来の「何もする能力もなく、ひたすら無垢な存在」というイメージを塗り替える「新しい赤ちゃん像」。インタビューできない赤ちゃんを対象とする「赤ちゃん学」が、どんな研究方法を採用し、それによってどんなデータが取れ、またそれをどのように解釈してゆくのか、という方法論まで含めて丁寧に解説しながら紹介してくれる良書です。単なる研究結果をトリビア的に知りたいという人には、まわりくどく面倒くさいだけの本かも知れません。

カブトムシとクワガタの最新科学 本郷儀人
10年以上に及ぶ野外観察の末に、新たな雑木林に足を踏み入れた瞬間にそこに棲息するカブトムシやクワガタの量が予想できてしまう程度に「カブトムシ取りがカブトムシに」が進行中の著者による、日本のカブトムシ&クワガタの最新研究レポート。一番インパクトがあったのは、カブトムシ♂の♀に対する鬼畜ぶりと、対するクワガタ♂の♀へのジェントルマンな振る舞いの対比。彼らがどう鬼畜でどう紳士なのかは、本書を読んでのお楽しみ。

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る 大栗 博司
冒頭に示される「重力」にまつわる7つの不思議を解決すべく、相対性理論と量子力学を踏まえて超弦理論に辿りつき、やっと「重力」と呼ばれるものの尻尾を掴みかけたと思いきや、最後にブラックホールに乗ったホーキング博士と共に現れた「ホログラフィー原理」により、跡形もなく目の前で消え去ってしまう。まさか科学啓蒙本で、ミステリばりのどんでん返しが見られるとは思わなかった。

脳には妙なクセがある 池谷裕二
脳科学者・池谷裕二氏の最新刊で、最新の脳科学研究の知見の数々を紹介する小ネタ集。この本の骨子となるテーマは、人の脳や「心」を考えるときの「身体性」の重要性。それは例えば、「楽しいから笑う」のではなく、「笑顔を作ると楽しいという感情のスイッチが入る」という脳に備わっている逆因果。それは例えば、身体の痛みを感じる鋭敏な痛覚回路を流用して「心の痛み」を処理しているというように、ヒトの高度な心理作用の多くは物理的な「身体性」を下地にしているという事実。「心」は脳に局在するのではなく、身体や周囲の環境に散在するものだという著者のメッセージに、改めて共感する。


昭和30年に中央公論社より発行された同名本のアレンジ版。井伏鱒二、大佛次郎、谷崎潤一郎、寺田寅彦、柳田国男といった錚々たる面々による、猫にまつわるエッセイをまとめたもの。なんてことのないエピソードが綴られているだけのような気もするのだが、これを電車や会社の昼休みに読んでいると、一刻でも早く家に帰ってアイリスを抱きしめたくなって仕方がなくなる。なんだか一気に読めなくて、一編一編大事に読みすすめているぜぇ〜。センシティヴだろ〜。
posted by いっこう at 17:16| Comment(7) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

反射と意志のせめぎあい

「こうやって寝ると気持ちいいよ」「ぼくには骨格的に無理かにゃ…」そんなこんなで、先日無事39回目の誕生日を迎えたお父さんです。サンキューでーす!

しかし大人になると、なんとなく惰性で過ごすような日が多くなってしまうものだ。環境からの入力情報に反射してるだけで終わってしまうような一日。
驚くべきスピードで一日一日着実に成長してゆく娘の、笑顔よだれが盛大にこぼれまくったドヤ顔を見ていると、自分のそんな無為に過ごした一日が、ひどくもったいないものに思えてくる。

この一年がどんなものになるのかは知りようもないが、できる限り一日一日を自覚的に噛みしめていけるようにしたい。

しかしながら、一日の全ての行動を自覚的に噛みしめていても大変だ。


続きを読む
posted by いっこう at 17:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

産後マスター

小さな小さな指先で、僕に呼びかける出来たての命2012年4月某日、長女が誕生しました。
おかげさまで母子ともに健康で、今は二人とも退院して自宅に帰ってきています。ナヨナヨな父も、未だに心療内科に月一回ペースで通院している点を除けば、おおむね健康かな。お父さんがんばれ。

産まれる子ども全体の5%程度しか該当しないという「出産予定日通り」で、その上ちょうどその日の満潮を迎えた時刻に誕生した点を鑑みるに、生まれながらにして空気を読む能力に長け、周囲の期待に応えることができる非常に律儀な性格の、神に選ばれし娘っ子なようです。
さらにその容姿は、あまりに赤ちゃん離れした整った顔立ちのため、出産に合わせて購入した最新デジカメで撮ろうと娘にフォーカスを合わせても、「赤ちゃん」ではなく「(普通の)人物」と誤認されてしまうほど規格外。困った困った。


続きを読む
posted by いっこう at 01:14| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

ぼくの心配事

ここにもいないにゃ。今ぼくには心配なことが二つあります。

ひとつは、ぼく自身のこと。

何だか最近パパとママとぼく以外の何者かが、お家のどこかに隠れている気配を感じるのです。物音がするわけでも、声が聞こえてくるわけでもにゃいんだけど、何かの息づかいのような存在感が感じられるのです。でも、どんなにがんばってお家の中を探検してみても、どこにもにゃんにも見つからにゃい。でも絶対この感じは、何か生きているものが近くにいるときに感じる気配です。猫一倍憶病で気配に敏感なぼくが感じるんだから間違いにゃいはずにゃのに!
…もしかしてぼくは、頭がおかしくなってしまったのかにゃあ。
ぼくの頭がおかしくなったことがパパとママにバレてしまったら、ぼくは怖い怖いお外に捨てられてしまうにょかなぁ。いやだよう。

もうひとつは、ママのこと。

実は今のお家にお引越しした頃から、ママのお腹が、どんどん大きくなってきているにょです。
ぼくもアイムスシーバを食べるとお腹が大きくにゃるので、はじめは、きっとママはぼくの知らないところで美味しいものをたくさん食べているのだと思って、いつもぼくに太っちゃうからとシーバを少ししかくれないのに自分は陰で美味しいものをいっぱい食べててズルいにゃあと思っていたんだけど、何だかあまりにも際限なくビックリするくらい膨らんでいくにょで、このままじゃママのお腹がパーン!とはじけて痛い痛い!になってしまうんじゃにゃいかと心配になってきたのです。
パパもさぞかしママが心配なんじゃないのかにゃあと思ったら、パパはそんなママのお腹を見ても、呑気に楽しそうにお腹をさすっているだけというありさまなので、まったく頼りににゃりません。

いつもぼくは、分からにゃいことがあると半次郎おじさんに相談することにしているので、今回もこの二つの悩みを相談してみたのですにゃ。でも半次郎おじさんは、いつもは明快で的確なアドバイスをくれるにょに今度のことに限っては、

「君の二つの悩みは、たぶん寒さも和らいでポカポカとした陽気になった頃に、二つ同時に解決されるから大丈夫だよ」
「むしろその後の方が大変だな。君ももうただの子どもじゃなく、責任ある『アニ』になるのだからね」

などと、良く分からないことを笑いにゃがら言って煙に巻くばかり。
でも半次郎おじさんは、「その『気配』は、ママが外出しているときには感じないでしょ」と、ぼくが言っていないことまでズバリ言い当ててくるにょで、今のぼくの状況がぼく以上に分かっているのは確かなようですにゃ。そんな半次郎おじさんが「大丈夫」というのなら、きっと大丈夫だよね。だからぼくは不安は不安にゃのだけど、あまり深く考えにゃいようにしように思っているんだ。

それにしても「アニ」ってにゃんだろう。
なんだか幸せそうな響きだにゃ。
posted by いっこう at 22:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

タイトロープ!

IMG_2769.JPG「自分の頭で考えることが重要だ」なんていう笑えない冗談が真理であるかのように世間に流通し、まるでひとたび自分の頭で考え始めさえすれば誰もが、専門家のそれと比較するに値する有益で正当な見解を持つことができたり、何者かの手により隠蔽された不都合な真実を暴くことができるようになるといった、自由平等主義に毒されたグロテスクな錯覚を人々に与えている。

野球の素人がプロの打席で為す術もなく凡退するしかないのと同様に、思考のための準備や鍛錬をそれまで怠ってきた者が、いきなり自分の頭で考えはじめてみたところで、そこには無様な結末が待ち受けているだけだ。どういうわけか「個人の思考能力」なるものは、一切の知識も努力も必要なく人間に生来的に備わっているというファンタスティックな誤解がある。

むしろ「自分の頭で考えることは危険」がデフォルトなのだ。

人の認識や思考のプロセスは常に認知科学的錯誤の危険に晒されていて、人はいとも簡単に直感や無意識の期待に沿うように飛躍を重ね、都合の良い杜撰な取捨選択を無自覚に繰り返し、自分に心地良い結論こそが「正しい」と無邪気に思い込みたがる。


続きを読む
posted by いっこう at 13:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

面倒な上司に捧げるキャッチフレーズ

ふかふかにゃり。とにかく面倒くさい上司がいる。

バブル末期を社会人として経験した話を何度か耳にしているので、年齢は恐らく私より2,3くらい上。独身かつ実家暮らしで、インターネットが使えない両親に代わってネットで馬券を購入する程度の優しさは持っているようだ。趣味は、右手でハンドルをやや右に回転させて固定し、その傾きに比例した強さで次々と弾かれる一玉数円の銀色の玉が、無数の釘が打ちこまれた盤上の特定の穴に入ることで決定される三桁の数字が、全て同一になるよう期待しながら、液晶モニタに流される各種映像演出をガラス板越しに眺めて一喜一憂する遊技。
職位的には、係長の下に三班という体制を敷く職場の「班長」にあたる。


続きを読む
posted by いっこう at 21:05| Comment(8) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

常識がない!

流し目簡単な漢字や歴史等の知識がない人を「常識がない」と馬鹿にする流行があるが、基礎的な数学や理科の知識がない人が、そのように揶揄される場面はほとんど見かけないものだ。三角関数の加法定理エントロピー増大の法則を知らないからといって、その人の「常識」が疑われることはない。


続きを読む
posted by いっこう at 00:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

とある核物理学者の告白


君の放つ幸福の放射線は、いつだって僕の身に降り注いでいる。たとえそれがどんなに低線量であっても、たとえ二人の距離の二乗に反比例していようとも、遺伝子レベルで僕に「幸せ」を刻み込んでくれる。

君の幸福放射能の半減期がいかほどなのかは分からない。でも君という核種の幸福実効変換係数は何故か僕に最適化されているから、僕は君が放つ幸せのエネルギーの影響を最大限に受け尽くす事ができるんだよ。

posted by いっこう at 18:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

ラヴログと〜ツイッターがぁ〜、出会ったぁ〜。


キラキラ〜ン何だかちょっと3ヶ月もラヴログをお休みしているうちに、ラヴログ管理画面に知らない機能が盛りだくさんになっていた。
あしあと機能が消えたのは悲しい事だが、他のSNSサービスとの連携機能が大幅追加されたりしているのは楽しそうだ。

そんなわけで、そんなラヴログのTwitter関連機能テストのエントリを作って色々試してみることにした。

※ なおこのエントリは、これからもラヴログ追加機能のテストのために断続的に更新します。

続きを読む
posted by いっこう at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

ありのまま話そう。

ポルナレフアイリスさん

あ…ありのまま、今起こった事を話すぜ!

リクナビNEXTのオープンオファーで、弊社の説明会にエントリーしてくれと頼まれたのでエントリーしたら、残念ながらエントリーを見送らせていただかれた』

な…何を言ってるのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった…。

頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか企業のレジュメ検索ロボットのアルゴリズムミスだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…


・・・などというポルナレフ体験を味わったりしつつも、絶賛転職活動継続中の私は、今日もなんとか生きているよ!


がんばろう東北。


もっとがんばろう俺!
posted by いっこう at 23:22| Comment(8) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

入籍なう。


今日なにかあったの?本日午前11時半ごろ、無事入籍を済ませました。

この日を選んだ理由。
それは、6年前の2005年3月28日が、相方・・・もといウチのカミさんのブログに私が初めてコメントを書き込んだ、記念すべき二人のファーストコンタクトの日だから。

そしてそれはウチの嫁のお母さんの誕生日でもあり、私の両親の結婚記念日の前日でもあり、アイリスの誕生日の10日後でもあるのです。

・・・後に行くほど関係が薄くなっていきますが、まあええじゃないか。色々と縁のある日だということで。

そんな、日々オフィスビルを狙う闇組織の幻影や、SE時代に拝受した鬱病の余波などを振り払いながら、唐突に始まった終わりなき非日常をどっこい生きてる37歳既婚男の愉快なブログ「逆転スペクトル」を、今後もよろしくお願いいたします。
posted by いっこう at 23:56| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

照笑照英


照英って憎めにゃいよね。
【照笑照英】しょうしょう-しょうえい
あれほど感情表現が大味な照英でも、照れ笑いという細やかな情感を栗原はるみに表した時もあったという言い伝えから、人が普段見せないような言動を示すことを意味する故事成語。または単に、紛らわしいこと。
用例)あの課長がチロルチョコを買ってくれるなんて――だね。


なんて2011年の最重要タームをうっかり創造してしまうほどに今日も才気溢れる私であるが、実はタレントの照笑・・ではなく照英とは、ちょっとした因縁がある。


続きを読む
posted by いっこう at 20:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

ついおく。


風格すら漂う僕、半次郎。この春に控えた結婚式に呼べる友人の数が、超アクティブな人生を送る相方のそれと比較すると、悲しくて悲しくてとてもやりきれなくなりそうなほど少ない、超パッシブまっしぐらの私であるが、これでも小中学校時代には、卒業文集で特集ページを組まれるほどのクラスの人気者だった。妄想じゃないよ、ほんとだよ?

確かに友達は多かったのだが、当時からどこか最後の部分で他人に対して無意識的な壁をつくっていたのか、まさに「広く浅く」という感じだった。例えば、修学旅行などで仲の良い何人かで班を組む際でも、最後まで私だけ班が決まらないなんていう、一青窈でなくとも「ええい〜ああ」ともらい泣きしたくなる事もあるくらいだった。

こうなっていった理由は、今思うと、小学生の時に不慮の事故で弟を亡くしたことが原因なのではないだろうか。「何の脈絡なく、唐突に人は居なくなってしまう。そんな運命に、自分はあまりに無力だ」―――そんな恐怖が心を少しづつ侵食していて、失うショックを恐れるあまり、必要以上に他人と深い関係になることを避けるようにさせていたのではないかと感じる。

まぁともかく、そんな浅いとはいえ「クラスの奴は大体友達!」と、思わずZEEBRAさん調でライムを刻んでしまいそうな程度の交友関係を育んでいた、当時の私だった。

そんないっこう少年が中学生の時、ちょっと変わったクラスメイトが転校してきた。

続きを読む
posted by いっこう at 00:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

めんせつ!

副業しないと今月厳しいんだよな。「混迷の日本の治安を支える一翼を担うガードメン」という過剰妄想の下で日々自分を鼓舞して働く私ですが、実は今日、某IT系企業の面接の予定なんです。

仮面ライダーも副業にケンタのバイトを考慮にいれなければならないほどの昨今の危機的不況の中では、まったくの未経験分野でこの年齢の人間を雇おうというチャレンジ精神を持った企業なんてのはなかなかないものです。従って、これまでシステムエンジニアとして働き二度挫折を繰り返している私ですが、過去の職歴を活かす方向で職を探さざるを得ないわけです。

だってガードメン安月給なんだもん(´・ω・`)

今日面接の会社は「 社員定着率98% 」という、私のこれまでのSEとしての経験からするとアンビリーバボーな奇跡的数字を謳い文句としているので、その秘密の一端でもいいので、企業を見抜くには短かすぎる面接時間の中、できるだけ見極めてこようと思っています。


・・・なんて風に気持ちを高めていた矢先、その某企業より我がiPhoneに着信が!
「すわ面接なしで一足飛びの合格通知か!」と妄想暴走モードに突入している私を尻目に、面接担当者様が体調不良で面接延期との冷静な連絡の声。そらそうよ。

まぁ面接中止じゃなくて良かった良かった。しかし・・・



この高まった緊張感をぶつける場所!( ゚∀゚ )
posted by いっこう at 15:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

伊達直人の参詣

やすくに。
開けました。

こんなことがあったため、今年は初詣も自粛しなければいけな・・・とここまで書いて何か違和感を感じたので調べてみたところ、「喪中であっても寺であれば何の問題もない」ことが分かった一方で「神社の場合、初詣は構わないが鳥居を潜ってはいけない」という衝撃のルールを知るに及び、先日自分たちが行ったところが神社も神社でその上ちょっと特殊な靖国神社で、いかに知らなかったとはいえ喪中真っ只中の穢れた体を鳥居に潜らせてしまった厳然たる事実を思い返すと、靖国に眠る歴々たる英霊たちに市川海老られる(造語:ボコボコにされるの意)のではないかと戦々恐々とした心持ちになりながらも調査を続け、冠婚葬祭サイトの中に「四十九日を終えて忌明けになれば鳥居をくぐってもよい」という救済ルールを執念で発見し、「何とか助かったのか?ねぇ俺助かったの!?」と誰に言うでもなくつぶやきながら、そっと胸をなでおろすことに決めた私である。新年早々アップアップ!←

・・・思いがけず長い枕文になってしまったが、要は靖国神社に行ってきたということである。

しかしその目的は、初詣というよりも、靖国神社の敷地内にある「遊就館」で展示されている「神風特攻隊員直筆の遺書を読む」ということにあった。



続きを読む
posted by いっこう at 16:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。